FC2ブログ
12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

omiOmi

  // 

パントマイムやってます。備忘録の他活動内容も載せてます。

インタビュー 

20090129125810
U.Sに行く人へ↓
http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html
ESTAが義務化されたみたいよ。
1/26 月
ミステリアスで飲んでた。宇宙ステーションを意識した近未来な店。アラビアンロックと同系列。
http://www.kitanokazoku.jp/mysterious/index.html
詳しくはまた書きます。

火:
「じゃ、整理してみよう。今までのをまとめて、プロフィールとして言ってみて」
「あ、はい。え~と、名前は○○といいます。20歳。大学生です。趣味は音楽鑑賞とショッピング、好きなタイプは面白い人」
「そんな感じかな。あとはこの仕事を始めた動機だね。留学のため…それか夢の実現のためがいいかな。あと年は21歳にしようか。エクステ持ってるなら取材の時につけてちょっと大人っぽくしよう」
「はい。それから…撮影は顔、撮られないですよね?」

区役所に行き住基カードを取得した帰りに、疲れて甘いものが食べたくなったので、いつもとは違う喫茶店に寄った。そしたら背後から聞こえてきたのがこんなやりとり。あ、忘れてた、ここの珈琲ちょいと高めだった。まあ、たまのちょっとだけの贅沢は神も許してくれるでしょう。しばらく節約しなきゃいけないのでバーは殆ど行かなくなり、その代りカフェで一杯の珈琲を飲むことに至福を覚えているおれ。健康的といえば健康的。住基はパソコンで確定申告のために必要なものでで、同じ目的で申請する人は今の時期多く、一時間以上も待たされた。区役所にこんなに長く居たのは初めて。証明写真を撮るのに並んでいると、おれの前に師匠の師匠に後姿がそっくりな人が並んでいた。髪型、ファッション 、仕草が本当に似ていて、あれ?師匠の師匠、なんでここに?と一瞬思った。そう思うとやっぱり顔を見たくなるのもので、何とか振り向かせようと案を考える。ここで、大きく奇声を発したら絶対振り向いてくれるだろうけど、それと同時に警備員に連れて行かれるだろうしなあ。そうこう考えているうちに、写真機の中に入る時、ちょっとこっちの方を向いてくれた
。…全然似ていませんでした。まあ、そうだよね。

それにしても役所というのはかなり国際色豊かな場所です。退屈だからいろんな人たちのやり取りをぼうっとして見ていた。
「帰化以前の独身を証明するのは無理ですね。一度法務局へ行って相談してもらうか…」
独身を証明する書類とかいうのがあるんだ。世の中、知らないことばかりです。途中でヒデ…じゃなく、「師匠の師匠」のそっくりさんが再び横を通りすぎていった。おつかれさまでした。そして待つこと一時間半。やっとのことでカードを手に入れた。

そして夜。何か買い物があったんだよなあ。そう思いつつも思い出せない。取り合えすハンズ行ったら思い出すだろう。そう思いハンズに行く。そして各フロアをぶらぶら。まだ思い出せない。ま、いいか。家に帰る。そして思い出す。みさりんに紹介されたTシャツ屋さん(rough新宿)が水曜までバーゲンやってるんだった。もう無理じゃん…あ、他にもやらなきゃいけないことあった。今度からメモしよう。
※一部会話シーンはプライバシーのため大幅に変えてあります。
スポンサーサイト



日記  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

風邪ひいた 

1/23 金
たぶん風邪。

前日夜から体が重かったんだけど、朝になってのどが痛み始め、徐々に具合が悪くなり夕方には熱が出ている状態。なもんで仕事は早く切り上げ家に帰って寝る。病院行った方が良かったかなって思ったけど、ちょっと寝てレッスンに行こうかなってその時点でまだ考えていたので、寝る時間が少しでもほしかったので病院には行かなかったのでした。

でもいったん横になると緊張が取れたせいか一気に体が動かなくなり、起きる気力がなくなって、そのまま寝てしまおうと判断。

土:
結構熱ある?体温計無いから分からない。朝プリメ予約していたんだけどもう無理。キャンセル効かないけど、しょうがない。一時間しかとってなくて良かった。とにかく寝て寝て寝まくり。

銀の物体が部屋に浮いていて、それが部屋の隅から隅までゆっくり往復運動を繰り返す。視覚としてその姿を捕らえていても、意識はその物体の中にあるらしく乗物に乗っているような心地よさがある。そのうち銀の物体は徐々に加速度を増して行き、それにつられてジェットコースターに乗っているように魂が体から振り飛ばされる感覚になり、やがては意識が遠のいていく。そして朦朧とした時点で目が覚める。

熱にうなされている時に決まって見る夢。小さい時からそうだった。今日も久々にこの夢を観た。

日:
熱は下がったみたい。でも頭朦朧。平衡感覚なし。この日も朝プリメとっていたんだけど、なんとか体は動きそうだったんで、鞭打って行きました。もちろんおとなしく練習。夜はジャムだから帰ってすぐ寝て体調整えようとするも、昼過ぎになって携帯のアラームが鳴る。確認してみるとかわむらさんのWS。今日あるんだった。風邪ですっかり忘れてた。急いで支度して部屋を出る。結局遅刻して参加。でもそのころには具合はかなり良くなってました。頭はあまり働かず。しかし相変わらず恐るべきのおれの自己回復機能。あっというまに治ってしまうぜ。

夜は吉祥寺でジャム。指の関節が熱のせいかすこし痛い。予想外の展開に発展したけど、言葉にかけません。限りなくアブノーマルなジャムでした。強者が多いジャムです。刺激になりますね。

で、帰りにあやでいつものように珈琲飲みながらちょこっと読書。新藤冬樹のホストが主人公の作品。最近の新堂さんの作品って前半まではすごく面白いんだけど、その後は無理して書いてるって感じが多く、これもそうだった。そいいえばその前に読んだキャバが舞台の女王蘭はあまりにも強烈なキャラクターを後先考えず登場させすぎて収集つかなくなったのか、無理やり終わらせる形になってた。歌舞伎町の裏社会で恐れられている伝説の○○ってさんざん前振りしておいて、いざ登場したら…あれあれ?なんじゃそりゃ!もうホスト、キャバものは止めて本来のノアール物に戻ってほしいです。待ってます。

そういえばシェイクスピアも無理やり終わらせる話が多いね。リア王なんかは道化が後半でいなくなってしまうよね。前半と後半を書くのに間が空いてしまって、その間にシェイクスピアが道化の存在を忘れてしまって道化抜きで書いてしまったって話だけど。でもそれを許せるほどの作品だからね。この場合はよいのです。
日記  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top

BUGS 

20090123124213
結局演説見ました。

前大統領のときは彼の好物のプレッツェルがブームになったと思うんだけど、みなさんは食べましたか?おれは流行に乗って食べてました。安いしどこにでも売ってるからね。で、新大統領はというと、フランのチョコレートが大好きということで、もうすぐバレンタインもあるし、もしかしたらすごい便乗商戦が繰り広げられそうな気がしますね。本人が意図せずとも日本の景気回復対策第一弾になるかも。これが彼の大好物のチョコSea Salt Caramels↓
http://www.franschocolates.com/home.php?cat=2

おれはこの品、食べたことはないと思うけど、フランのチョコはアメリカらしくない味でうまいぞ。でもどこで売ってるのかは知りません。各自調べて下さい。高そうだね。誰かアメリカ行ったら買ってきて。で、本題。

1/21(月)
日曜日の夜、部屋に戻りベッドに横になっていたら、ふと横を向くと一匹の虫が…それは小さなゴキブリでした。この部屋は冬でもゴキブリが出ます。月に二回くらい現れます。小さなやつなんで気にせず潰しちゃいますが、夏が不安です。巨大な奴らがのっしのっしと床這いまわっていたらたぶん気が狂うと思います。こんな時欧米人はいいですね。部屋でも靴履いてるから、気にせず踏みつぶせます(日本も虫がでる地域はそうするべき)。おれも欧米人を見習って部屋ではウレタン製のスリッパを常に履いてます。厚みがあって軽量で機動力に富んだやつです。敵を逃しません。

最初は部屋に隙間が多くてそこから侵入してくるんだろうと思っていたけど、考えてみると寒さに弱いこいつらが、あちこち歩き回っているとは考えられない。おれはほとんど家にいないので、部屋が暖まっている時間は深夜の数時間と朝の数十分だけだし。ベッドの上でそう思いながら何気なく上を見ると、エアコンの大きな送風口が目に入った。ちょうど虫がいた上のあたり。そういえばポトッと落ちてきたような気がする。もしかして話に聞く、エアコンに住んでいるやつら?久々にエアコン入れたらぼとぼと何匹も落ちてきたって話も聞いたことある。とりあえず、なんか手を打っておこうと思い、色々調べて翌日殺虫剤と水切りネットを買ってきた。水切りネットはエアコンの外に出ている排水のホースに 被せるため。ホースからはいってくる場合があるらしいけど、こうすれはここから入ってくることは無いでしょう。では、もしエアコン内部に住んでいたとしたらどうするか。あとで考えよう。

週末に作業しようと思ったけど、風邪ひいたみたいだし様子見かな。体がだるい。
日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

One man come in the name of love 

20090121001744
今夜、大統領の就任式演説があるってことなんでやっぱ見たいなと思いつつ、夜更かししたくないし、どうしましょう?録画でなく生でみたいしね。とにかくものすごい歴史的なことですね。まったく予想してませんでした。就任イベントにはU2がPrideを歌ったんだってね。見たかった。キング牧師を歌ったこの歌。まさかこういう場で歌える社会がやってきたとはボノも思ってなかったでしょう。
歌詞はここ↓
http://www.lovecms.com/music-u2/music-pride-in-the-name-of-love.html

でも、人種的なことは置いといて、日本人のおれ対日本政策が心配です。無茶言ってこなきゃいいんだけど。そういえばU2の新譜は2月なんだって。

1月15日木
レッスン終わり、いつもの定食屋に行く。近くに席を取っていたのはおそらくきゃば嬢。ロリ声で向いの男と話していたのに、注文するときになっていきなり大きなだみ声で「すいませ~ん!ビール一本ね!!」。そのギャップに驚く。これがプロというものか。

土:
朝はプリメ。そのあと病院行き抜糸。子供のころ下唇を怪我して縫ったとき、抜糸が死ぬほど痛かった経験があったので、怖かったんだけど全然痛くなかったです。まあ、敏感な唇と違って背中だからかな。そういえば昔親から聞いたことで、会話の記憶が定かじゃないし聞き違いの可能性もあるけど、おれは幼少時代バケツかぶってハサミもって歩いていたら階段から転げ落ちて、額を縫う怪我をしたらしい。もちろんおれは当時の記憶はない(理由はともかく、額を縫ったのは事実)。結構怪我してるんだよな。

夜はいなさんたちとスタジオへ。ベースの方です。早く曲覚えなきゃ。で、帰り道の深夜、あやで一杯の珈琲と煙草と読書。週末深夜の定番になってきた。

日:
斎藤さん主催のジャム。ベース持って吉祥寺へ。ロビーで別件で来ていたやすおさんに遭遇。一年ぶり?お久しぶりです。

それにしてもなんか濃いメンバーでしたね。触発されて、神がおれに下りてきました。ジャズのような元々がインプロを中心とする音楽を別とするならば、ロック系のジャムの面白さは、多少ちぐはぐになりながらも予定調和から外れた予期せぬ展開に進んでいくってことですね。そこからアイディアをもらうことができます。
1+1+1+1=あ
これジャムの法則。きちんとした完成度の高い演奏するんだったらジャムでなく、お互い知りつくした固定メンバーでバンドとしてやれば良いわけで、ジャムの面白さはそことは違った部分にあるのですよ。

で、そのあと、ブルースブラザーズがお忍びで来たとかというブルースバーに行きました。ブルースブラザーズは死ぬほど観た映画。毎年何回か観てます。DVD擦り切れるまで観てやるぜ。こういうバーってうちの近くにも結構あるはずなんだよね。でもなかなか入る勇気がない。なんか怖くてさ。ドア開けたらお客さんが全員こっちを睨んで、刺すような視線を浴びながらカウンターまで歩かなきゃいけないの?なんてネガティブな妄想をしてしまいます。でも今度勇気だしていろいろ探索してみよう。それにしても左手が疲れた。まだ筋肉ついてないな。

部屋帰ってからちょっと怖いことが。それは次回に。
日記  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

必殺を見る 

市原悦子の必殺シーンを発見↓



必殺シリーズで一番のカルト系、「必殺うらごろし」から。役名は「おばさん」。って…主役の一人なんだから名前くらい与えてあげてもよかったのでは。殺すときのセリフが全部格好いい。家政婦だけじゃないんだぞ!伝説の和田アキ子の殴り殺しのシーンは見つかんなかった。 上の動画はたぶんそのうち削除されると思うので早めに見てね。


1/11 日
朝はいつも通り。昼にカフェで本読んでいたらそのままウトウト…
眠い目をこすって、ヘンリーのクラスへ。そういえば激しい運動は控えるようにっていわれてたんだった。ま、激しくないからいいか。数カ月ぶりに受けたのかな。ヘンリーのルーティン、ほとんど覚えてません。思い出す作業から始めないと。おれは、11番のAトレインを一回最初からやることにした。いっけんさんが来てました。この日がヘンリーデビュー。

夕方、朝から動きっぱなしで疲れたけど、帰ってから頑張って掃除洗濯した。そして録画していてた必殺シリーズをギター弾きながらのんびり見る。必殺2009と二年前放送されて見逃した2007。どっちもうれしかったのは、殺しのシーンの音楽の一つが仕事人Ⅱのときと同じ曲ベースになっていたことですね。仕事人Ⅱのエンディングテーマ、三田村邦彦が歌う、想い出の糸車です。いい曲だよ。必殺はやっぱ面白い。でも今話題の後期高齢なんとか制度を風刺した場面もあったりして、ちょっと作り手側の露骨な政治的意図を感じちゃったのも確か。たしかに現代の世相をこのシリーズはずっと反映させてきたけどね。ちょっとイヤな感じがしただけです。

夜、発表会でのサニー師匠のナンバー出演者での打ち上げ。本番の一ヶ月後に打ち上げだ。遅いけど、年末のあわただしい時期にやるより、今やる方が正解ではないでしょうか。といっても発表会はもう記憶から無くなりつつあります。嗚呼、そういえばそのようなこともあったねえ…と遠い眼をして呟くような感じです。

もともとこのメンバーはみんな普段から仲良いから、打ち上げといっても特別な感じもせず、普段通り和気あいあいでした。で、みんなから師匠へのプレゼント。それはおれが下北で買ってきたやつでした。自分が買ったということを完璧に忘れてました。そうそう、衣装に合わせて同じデザインの白と黒のTシャツ二枚買ったんだ。せっかくだから少しはナンバーとリンクさせようと思って下北探しまくったんだ。本当は摩天楼をモチーフにした派手なのがあって、どっちにしようかかなり迷ったんだけど、予算を超えそうなのと師匠に合うかは微妙だったためこっちにしたんだった。こっちの方が悪そうなデザインだし。

店を出てしばらく駅に向かって歩いているうち、突然師匠は携帯を店に忘れてきたことに気付きあわてて店に走り戻っていった。お見事です。やはり只では終わらない男です。そして携帯も無事見つかり、最後にカラオケ行ったわけですが、何年ぶりに行ったんだろう。ケラオーケなんて。久々歌ったと思う。でも居たのは一時間もいなかったのかな。みんな終電あるから早めに帰宅。そしておれは帰ってからヒーローズⅠを観る。おれはシーズンⅡ途中から観たので今更Ⅰを観てます。やっと話がわかったって感じ。最近のマイブームは字幕を見なきゃ意味がよく分からないアンドウのまね。

オマエー、アタマードーカシチャタジャーナイノカー


吹き替えで観てる人は絶対字幕版で見るべき。ヒロとアンドウの会話は日本語だぞ。ヒロのお父さん役はスタートレックのミスター加藤らしい。知らなかった。


日記  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

美容形成に行く 

1/5
月-水:
仕事

木:
レッスン。ケンタローが来てました。相変わらず熱いタップです。太陽も奴の前には跪く。

終わったのが23時30頃。おなかすいたので帰りに某定食屋で遅い晩御飯。歌舞伎町の真ん中にあって、朝までやってます。深夜に食べないようにしてるんだけど、風邪が流行ってるし最近体調良くないので、栄養取らないと。たまには良いでしょう。

金:
レッスン。0時過ぎの帰り道、大久保から新宿へ歩いていると無性に甘いもの食べたくなって、丁度そんな時かつては物騒なことで有名だった某喫茶店(分る人は分かりますね)を通りかかると、店内にケーキを食べている人が見えた。突然ケーキを食べたい衝動に駆られた。食いたい食いたい食いたい!でも迷った挙句素通り。欲望に勝った。突然ケーキ食べたくなるということは、疲れているのかな。

土:
プリメ行って、それからレッスン。体が重い。やっぱ風邪の前兆か?

で、そのあと病院へ。数年前から背中にできものができて、それが徐々にでかくなっていった。さすがに気になってきて年末に皮膚科で診てもらったら、フンリュウとかいうやつらしい。皮膚の下に袋状のものができてそこに垢とかがたまるんだって。放っておいても大丈夫みたいだけど、治すのなら摘出手術になるとか。でもうちでは手術施設がないのでできないと言われて、病院を紹介してもらう。腕のいい先生のいる病院らしい。完全予約制なので、年末に予約とってこの 日に行ったわけです。でも実はそこは美容外科を主にやっていて、病院というより美しく生きようとする者のための場所だったわけです。先生、なんでここを紹介したんですか…

実際病院に行ってみると中の雰囲気はちょっと美容室っぽく、BGMにジャズが流れおしゃれなかんじ。予約の際、事情を話していたんで受付でのやり取りは楽だったけど、アポなしで受付行った場合、ちょっと恥ずかしいですね。

「どのようになさいましょう?」
「胸を少し大きく…」

雰囲気に呑まれて言ってしまいそうです。

そして予約したにもかかわらず一時間近く待っていた。退屈。待合室に置いてあるのはファッション雑誌や美容に関する本ばっか。おれは結構こういう雑誌好きなのでひたすら読んでいました。そのなかでシュプールだっけ?そんな雑誌があって、カッコいい服がたくさん載っていたんだけど、値段みて目を疑った。

○○○の○○ジャケット:350,000円
○○○の○○パンツ:250,000円

なんじゃぞりゃ!35,000じゃないよね?ゼロ一つ多い!35万?格差社会の上の人たちはみんな普通に買うのでしょうか?

さて待ち疲れて睡魔が襲ってうとうとしていた時、ようやく呼び出され診察に入りました。そして摘出をすることに。うつ伏せになり麻酔かけられたんだけど、これがかなり痛かったです。麻酔されたときいつも思うんだけど、効かなかったらどうしようって不安がいつもあるんだよね。麻酔効くまでって結構時間かか るでしょ。その間が不安なんだ。だって麻酔効かないまま、メスでぐさぁ!ってやられたら拷問ですよ、あんた。

もちろん麻酔はちゃんと効いて数十分後、手術は滞りなく済みました。予想よりでかくて結構切開したみたい。背中なんでどんな感じで手術したかは全くわかんないけど。そのあと看護師か事務の人か分からないけどその人に、薬をもらい、しばらく激しい運動は控えるようにと言われる。いわゆるナース服を着た人がいないの で、看護士がいるのかいないのかわかりません。抜歯は一週間後。抜歯、痛そうだな。

夜、いなさんのバンドと初の音合わせ。カッコイイ曲が多い。でも指が動かん。一日8時間くらい練習すれば指動くようになるだろうけど、そんな時間ない。少しづつ継続して練習しよう。帰りにいつも通り区役所通りのあやで一杯珈琲飲んで帰った。でもここ、390円と他の系列店より高いんだよな。ホストクラブ、キャバがひしめく区役所通りだから強気設定?
日記  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

元旦(3) 

元旦は映画の日。深夜、バルト9でゴッドファーザーのデジタルリマスター版を観た。深夜のここは穴場で、映画によっては誰もいないことがある。でもさすがに映画の日だからか結構人がいた。男女とも若い人が多いのが意外。

もう何十回と観た映画だけど、見れば見るほど疑問点が。特にマイケルがシチリアに身を隠している時の話。恋人の 存在を忘れ地元の娘に一目ぼれしてあっという間に結婚してしまう。これはイタリア人だからしょうがないかと思うことにして、どうしてもNYに戻ってくるまでの時間の経過が良く分からない。一年居たことになっているけど、つじつまが合わない気がするんだよね。あとなんで五大ファミリーのドンも最後に殺しちゃうの?いや、なんとなくわかるけどなんか端折ってる感じ。やっぱ原作読まなきゃだめか。そだね、読めばわかる話だ。でもやっぱ素晴らしい映 画です。仁義なき戦いとこれは何度見ても良いです。でもこの映画見たらイタリア人はみんなマフィアだと思っちゃうよな。

デジタルリマスターってことだけど、スクリーンで見たことないので違いは分からず。そういえば数年前もデジタル化して上映したよね。すごいスピードで技術は進歩してるから、その時よりももっときれいな画像になってるんだろうね。冒頭の結婚式のシーンは黒沢映画からヒントを得たらしい。なるほどね。2も早く見たい。リマスターしろ。2の方が好きだから。3は…ま、機会があれば。映画が終わったのが24時過ぎ。近いから散歩感覚で行き帰りできるのがいいね。これからここに行く回数が増えそう。

元旦はこんな感じ。正月らしかったのはこの元旦だけ。そして2日からはみすみさんとこで怒涛のWS。リオンのルーティンはよかったぞ。受けてよかった。詳細は書き疲れたので省略。ま、そんな感じの正月でした。なんか元旦以外はただの休日って感じだったね。休み明けの今週は録画していた仕事人をみなきゃ。必殺シリーズ大好きです。
日記  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

元旦(2) 

20090106124043
20090106124041
さて10円を使ってしまい、もうおれには一円しか残っていません。お金を降ろそうとコンビニ探してウロウロ。このあたりにはコンビニが無いので、一旦柴又駅まで戻らなければなりません。そしてようやくお金を降ろし、再び参道へ。そして柴又散策。当然草だんごを食べました。高木屋は相変わらず並んでいます。ここは男はつらいよの撮影で使用された店ですね。http://www.takagiya.co.jp/torasan2.html に撮影時の模様がありました。おれも何度かここで団子食べた事あります。去年はここで買ったような気がする。おいしいよ。

時は進み、すでに夕暮れ間近。江戸川の河川敷へ足を運ぶ。相変わらず凧揚げをしている人たちがたくさん。青く広い空に小さなタコがヒラヒラ泳いでいます。遠くの陸橋越しには低い位置に構える太陽が見えて、もうしばらくすれば夕日になりあたりを朱に染めるのでしょう。うちの近くではありえない光景なので、河川敷に腰 を下ろししばらくぼうっとしていました。

帰りは柴又から金町へ。そこでうろうろしてから北千住に行き、バスに乗って足立区の一ツ家へ寄る。昔おれが住んでいた町。すでに日は沈み、街灯のほとんどないこの辺りは暗闇に包まれてた。近くを通る環七から車の音が聞こえてくるだけの静かでさびしい一画。住んでいたボロアパートは既になく、代わりに立派な家が建っていました。正面に建つ倉庫にはスプレーで「極悪参上」の落書きがあったんだけど、ほとんど消えかかっていて読めなくなっていた。このあたりは町工場が多く、プレハブのかなり年月を感じさせる建物が点在しています。不況の中どうなんだと思ったけど、おれが記憶にある建物はまだあって、空き家にもなっていな いようでちょっと安心。ここは近くに電車無いのが不便で、一番近い五反野駅まで20分くらいかかる。当時はそれがいやだったけど、今は駅までの道のりが懐かしい。昔を思い出しながら駅まで歩き、そこから西新井大師へ。またまた初詣。でも屋台で食べ物食べただけ。そして、せっかくだからと舎人ライナーに初めて乗って日暮里経由で帰りました。

まだ続く
日記  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

元旦(1) 

20090105125157
20090105125153
明けましておめでとう。

年越しタップジャム終わり、元旦早々朝帰り。早朝、帰る途中に花園神社によって初詣。朝7時ころですでに境内は長蛇の列。おれはおみくじだけ引いて帰りました。「中吉」。去年、一昨年と大吉を引いてもなにもいいことがなかったので、たいして気にせず、神社の柱に結んで帰る。でもおみくじって、けっこういい訓示が書いてあるんだよね。

ちょっと寝て、昼から帝釈天。ここでの初詣は正月の儀式みたいなもんです。別に初詣に行きたいって言うより、憧れの場所、柴又に行きたいってだけなんだけど。寅さんに会いに行くみたいなものですよ。人混みはそれほどでもなく、適度な混みよう。もちろん映画じゃないので、住職も佐藤蛾次郎もいません。さて、賽銭を投げようと財布を開て愕然とする。財布の中は10円玉+1円玉だけ。所持金は計11円。パスモを使っているとお金がなくとも移動出来ちゃうんで財布を気にせず、ということがよくある。皆さん気をつけましょう。さすがに一円を投げるのも気がひけたので、10円玉を投げようとする。右肩にかばんをかけていて、周りに人が詰まっていて左に持ち変えることができなかったので、左手で投げることにした。ちょっと距離はあるけど、届かない距離じゃない。そして10円玉を手に取り左手で思いっきり投げる。ところが慣れないことをしたために、力が入って手首がカクンと曲がり、きれいに放物線を描いて賽銭所まで飛んで行く予定が、男は直球勝負!とばかり最前列の男の背中に一直線。当たったかどうかは分からないけど、振
り向かなかったから多分当たってないでしょう。ホッ。すぐに手を合せ、頭の中で「申し訳ない」と詫びを入れました。初詣は願い事でなく謝罪になってしまいました。

書き疲れたので続きはまた。
日記  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top