FC2ブログ
07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

omiOmi

  // 

パントマイムやってます。備忘録の他活動内容も載せてます。

バッカーリーな日 

水:
バッカーリーWSの日。でも仕事が長引いてしまい行くことができず。参加費棒に振る。ちくしょう。結局仕事で終電帰り。


木:
レッスン帰りの0時過ぎ。田園都市線駒大駅の掲示板に新宿駅中央線ホームで発煙があって、全線ダイヤが乱れているとか。さらにしばらくして今度は山手線が人身事故で遅延だと。どうなってる?そして田園都市線まで遅れてやってきて、結局新宿駅ついたのは1時過ぎ。中央線は無事動いてました。よかったね、かれんちゃん。


金:
おそろしいほど脳を駆使して仕事して、夜急いで池袋のバッカーリーWSへ。さずがに今回は出たい。若干遅刻したけど、なんとか受けることができました。振りのなかからかなりいろんなこと学んだよ。参加人数は10人弱。少ないなあ、こんだけ素晴らしいダンサーなのに。なぜ?

今回のWS企画者のshoeさんが、来れなかった水曜日の分を土曜日のに振り替えてもいいと言ってくれ、川崎でのWSに参加することにした。ありがとうございます。shoeさん、とてもやさしい方です。

終わったらジャム行く予定だったけど、終了時間勘違いしててスタジオでたのが22時過ぎ。間に合わない。なのでまっすぐ帰りました。
スポンサーサイト



日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

携帯酷使 

ここ数年の中で、一番平和でささやかな幸福感を持って過ごしたのは2005年の後半だと思う。特に月曜日。ベースメントで22時まで練習し、その後、客の誰もいないバーで店員とガラス越しに見える中野通りを眺めながら、のんびり深夜までくつろいでいた。バーは他の曜日になると客も多くなり、それはそれで賑やかで楽しかったけど、今印象に残っているのはそれよりもひっそりとした月曜夜の方だったりする。珍しく雪が降った時もここにいて、雪の中通り過ぎる車をぼんやり見ながら二人の店員といろいろ話をしていた。客一人、店員二人。何を話していたかはまったく覚えていない。その冬流行っていた歌は「粉雪」。遠い昔のような、でもそれほど遠くない昔のこと。


土:
20090827002439
朝、プりメ。まっすぐりゅうちゃんの新居のある葉山へ。逗子駅からバスで20分ちょい。バスは目的地近くになると海岸線に沿った道路に出るので、窓越しに海を眺めることができる。家に着いたのが15時ころ。すぐに近くの海辺でみんなでバーベキュー。天気は完璧なる晴天なり。夕暮れには夕陽が水平線を朱色に染め、そこから徐々に全体の色が失って夜になる。素晴らしい眺め。狂った人間がいない平和な海岸でした。基本的に狂った夏が好きだけど、たまには平和もよかたい。

夜はバンドの新曲の復習。前回スタジオ入った時に録音したものとメモを見ながら思い出し。でも携帯内臓のレコーダーで録ったもんだから、音がぐちゃぐちゃ。ベースは、ぶお~ん!!ぶお~ん!!と歪まくって何が何だかわからん。まあ自分で弾いてたんだから記憶は残ってるけど。で、アレンジ考えて、そこまでで疲れたのでおしまい。コードは変えたほうがいいかもね。ま、それはまた次にしよう。


日:
朝、プりメ。体が重い。3時間くらい入って、昼にスタジオを出たときにはもうへろへろ。まあ、今週は仕事で終電帰りが多くてあまり寝てないし、昨日は海で長い間紫外線浴びてたからね。そりゃ疲れるわ。来週も仕事は地獄です。

家に帰って20分くらい寝て、すぐにヘンリーのクラスへ。もうスタジオ付いた時点で疲れてます。そのあと、所用でいろいろ動きまわったけど、そのころになるともう疲れたという感覚がマヒしているので、意外につらくない。でも体にはかなり負担掛かってるんだろうね。帰って、プリメで練習中に撮った動画を見るてみる。前から横から後ろから撮ったやつ。やっぱフォーム恰好悪いなあ。どうすれば手足が長く、恰好よく見られるようになるんだろう?ファンク系みたいに腰を落とすスタイルは明らかに自分の体形に合わないし、シアターぽく行くのがいいんだろうね。いろいろフォームを試行錯誤してみよう。と、今年からそんなことやってるけど、おかげで自分の正確な体格は知ることができた。しかし、携帯で動画撮ってるんでバッテリーがもう寿命。新しいのに交換しなきゃいけないかな。

携帯酷使してます。その内携帯、火を噴くだろうな。
日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ピナ・バウシュ 

この人がいなかったら、おれはコンテンポラリーに興味を持つことはなかったかもしれない。肉体で唯一無比の世界を表現できるダンサー、ピナ・バウシュがなくなったのが6月30日。真剣にコンテンポラリーを習おうと思ったのはこの訃報を聞いてから。ただ今は再び痛み出した空手時代の左肩の古傷(たぶん靭帯)が完治するのを待っている状態です。

で、ヴィム・ヴェンダース監督がピナを題材とした映画を作製することを今年は発表していたのだけど、彼女の死によって消えてしまいました。

…とおれは思っていたのだけど、ピナの舞踏団と共に、彼女の振り付けをベースに3D映画を作製することになったんだって。おおお!

おれがピナを最初に見たのは「Talk To Her」というスペイン映画。たしか2002年のNew York Film Festivalで観たんだと思う。そのころは彼女のことは良くわからなかったし、ダンスの知識なんて全く無い状態だったんだけど、美しいストーリーとダンスの映像があまりにも印象的な映画でありました。植物人間状態になった美しい女性ダンサーと介護士。そしてとても切ないラスト。ちょうどやさぐれていたときなんで、すごく心にしみたのです。涙が出そうになりました。たしか冒頭のダンスシーンはストーリーとは関係ない、だけど物語を象徴するダンスシーンじゃなかったけ?今度DVD借りて見直してみるね。そしてその後彼女のダンスの映像をいくつか見る機会があって、ファンになりました。たしかそれはタップを始めて間もないころだったと思う。ダンス素人のおれでさえ彼女のダンスから物語を感じ取ることができる。そしてその世界は本当に彼女しかできない独自のものに思いました。ただ、ほかのダンサーを全く知らなかったし、自分でやろうなんて思ってもなかったのです。それが変わったのが今年の2月ころから。

いろいろあっての人間の身体の可能性を知りたくなって、いろんなコンテンポラリーダンスの映像を見るようになり、そして自分もやりたいなって漠然と思ってました。そんな矢先のピナの死でした。タイミングというのはいろんな面であるものですね。最近そんなことをよく思います。

日記  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

NYへ 

来月に久々NYに行きます。

当初、スイスにいる旧友ドミニクと9月初旬にNYで会うということになってたんだけど、土壇場で来れなくなったとか言われ、おれも仕事の関係やライブもあって9月末のほうが都合がよいので、前回のように一人のんびりレッスンでも受けまくろうと思ってました。ちょうどそのころはNew York Film Festivalがあっていろいろな映画を観られるし。とこが、やっぱ行くことにしたから9月前半に調整してくれと今週言われ、もう一ヶ月無いだろ、ぼけぇ!と思いつつ急いでチケットをチェックすることに。ちょうどライブもキャンセルになったことだし、それでも良いか。そしてスイスのほうでは航空代金がどんどん上がっているから今日中に決めてくれとむちゃ言われた水曜日。


水:
いつもアメリカ行きのチケットはコンチのサイトで正規割引券を予約してます。格安とそんな値段変わんないし、いろいろとメリットがあるから。そして夜、プリメに行く途中で携帯からアクセスして調べてみたら、希望日のチケット\66,000になっていた。安い!しかもサーチャージはまだ無し。ちなみに9月の連休中前後は恐ろしい値段になってました。神をも恐れぬ価格です。でもよく見ると残席5席。まあ、休みが取れるかどうかわからないけど、仮に押さえておいてもいいね。24時間以内ならキャンセル可能だし。とりあえずそうしよう。と思い、携帯から手続きしようとすると、最後の最後のところで「メモリーが足りません」。おいおい!何度やってもだめ。まあしょうがないから家帰ってから予約しよう。数時間で値段が変わることはないでしょ。

結局そんな無駄なことやってプリメには30分遅れ。0時前に上がり家に帰って、さっそくチケット予約しようとすると…

神さま!もう66,000のはありません。数時間で残席すべて売れてしまったようです。そして最安値のティケットは10万円超えてます。しょうがないので翌日の日にすることにした。価格は76,000。まあいいでしょう。とりあえずおさえよう。そして、無事予約完了。

そして…

しばらくして、なんか気になってもう一回チェックしてみたら。

あれ?希望日の最安値チケットが10万代から71,000になってる。そしておれが予約した日のチケットは逆に値段が上がってる。わすか一時間弱で変わるとは。株価かよ。そんで、急いでキャンセルして、取り直すことに。でもキャンセルしてる間にまた価格が跳ね上がったら大変。ちょっとしたスリルですね。そんなこんなでまたまた無事予約完了。


木:
朝、もいっかいサイト見てみたら今度は希望日翌日の、高くなっていたチケットが66,000になってる。分単位で値段が変動するのか。本当に株をやってるみたいだ。まあ、それはともかく休みも無事取れることになった。9月9日から14までのショートステイです。でもNew York Film Festivalも行きたかったなあ。

二日くらいはレッスン受けるつもりです。ドミニクは旅行先でレッスン受けるという考えがまったく理解できない人間だけど、これは押し通そう。若干セルフイッシュだけど、とてもピュアで打算抜きの善意で接してくるので、信頼できる人間です。合うのは2005年ぶりか。

夜。ひでぼれっすん。終わって、0時近く。深夜バスで渋谷まで。またまた貸し切り状態。いつものメンバ、かれんちゃんよしこちんのほかに久々やってきたナオくん。今度車内の写真撮ってみよう。すかいちゃんは終電の関係で別ルート。ほかはチャリで。みんなぎりぎりまでレッスンです。

1時過ぎに帰って、読みかけのハルキの本読んでたら3時。明日も早いのに…
日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

お盆も終わり 

昼に関しては夏らしい、日差しが強く朦朧とする暑い日がやってきました。今までは涼しい曇り空につんざく蝉の声が不自然に覚えたけど、やっと音と天気が一致したという感じ。なのに残暑といわなければならない時、夏に対する名残惜しさを感じますね。暑いといっても盆も過ぎたころには日差しに憂いを感じ始め、来週には秋に訪れを感じ始め始めるのでしょう。そうか、お盆だったんだね。まあ、冷夏だと翌年春の花粉は少なくて済みそうだけどね。

最近高校野球をラジオで聞いてる。応援席では普段は普通に曲を演奏しているけど、打ったとたん盛り上がる演奏に突然切り替わって、その瞬間がおれが好きです。野球自体はよくわからないんけどね。それにしても吹奏楽の選曲が渋い。ジッタリンジンの「夏祭り」は今でも定番なんだろうけど、山本リンダの曲なんて誰が選曲したんでしょう。スタンハンセンのテーマ曲はマニアック。でも応援のみなさん、ちゃんとメロディを歌ってます。知ってるのか、今の高校生?まあプロレスファンなら高校生でも知っているだろうけど。ラジオなので見えないけど、当然応援席ではテキサスロングホーン(ハンセンの定番ポーズ。拳を突き上げ、人差指と小指を伸ばして牛さんの形を作り、「うぃー」と叫ぶ)でしょうか?去年のかわさきたっぷフェスでピーチーズがこれやってましたね。今年は何やるんだ、ピーチーさん?


土:
プリメ朝連。そのあと帰ってちょっとだけ寝て、盆恒例の怒涛のWS。3クラス受けました。15:40から21:30くらいまでの計4時間半。結局9時間近くタップ漬け。流石に足の裏が痛いっす。WS終わった後、まっすぐ幡ヶ谷に行きかつてのご近所さんたちと飲み会。帰ったら深夜一時。くたくたで寝る。


日:
プリメ朝連。そのあとベース弾き。忙しくて3日くらい弾いて無かったなあ。ちょっとサボると指が動かなくなるのが嫌ですね。一日10分でも弾いたほうがいいんだけどね。夜は上野のスタジオへ。バンドのリハです。新曲作り。17時から20時まで。帰りにまたまたプリメ。でもスタジオでアクセサリーが飛んでしまい、どっか行ってしまった。後半はスタジオ内ずっと探してました。結局見つからず、あきらめて0時前に帰る。何しに行ったんだか。

夕飯食べてないけど、時間も時間なので、カフェで珈琲だけのんで家に帰る。顔洗おうと浴室で蛇口ひねったらシャワーになっていて、頭に水がドシャーとかかる。上半身びしょびしょ。踏んだり蹴ったり。でもこうして濡れるのもいいか。夏らしいね。
日記  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

朦朧とした夏の日に 

昼下がり、あなたはとある繁華街のカフェにいたとしよう。静かな店内に陽射しが窓から入りこみ、やさしい音楽と外から聞こえるセミの声。それは夏の平和な光景。

しばらくして、修羅場をくぐってきたような男がやってくる。待ち合わせしてたようで、同じような男の座る前方のテーブルに席をとる。そして気がついたら、それぞれのお伴の屈強な男たちが数人ずつあなたの隣と前の席に陣取っている。かれらはテーブルからずれて座り、半身の姿勢でいつでも飛び出せる体制でいる。

そのうち話し合っていた二人が激しい口論を始める。店全体に響くような大声で。あなたは店を出たいが、そのためには彼らの間を通らなければならない。そんな時、みなさんならどうしますか?


おれは店を出るのタイミングをつかむのに30分かかりました。


水:
プリメで朝練。その後所用で都内あちこちと。警官が多いのでもちろん職質に合わないように気をつけて。なんか今、職質が旬な気がするから。昼は歌舞伎町の韓国料理でランチ。いつもは大久保だけど、こっちのエリアも試してみたかったので。

辛ラーメンのセットを頼む。これってインスタントラーメンだよな。でも久々食べてみたかったので注文してしまった。もちろんただラーメンが出るのじゃなく、いろいろトッピング乗せてたり小皿も付いてきましたが。でも久々食べたせいか辛さで胃が痛い。たしか韓国料理店ではよくあるメニューとか聞いたことある。辛ラーメンはうまいよね。韓国系のスーパーなら必ず売ってるはず。食べたこと無い人は試してみて。

夕方、Basementで練習したあと、楽器屋で弦を購入。帰りに何気に見たら弦の本数が足りないことに気づいてまた店に戻る。そして東中野から新宿まで歩いて帰る。夜は新宿二丁目の定食屋花膳で夕食。もう一年以上来てなかった。前に書いたかもしれないけど、ここはIWAジャパンの社長が経営してる定食屋で、この店も舞台になったりする。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/column/200309/0928sn_03.html
↑社長が店で襲撃された瞬間の衝撃写真。この前検索していて見つけた。

たしか2003年の年末~2004年ころにレッスン終わった後よくここで食べていたんだ。当時は社長自らが作ってました。今日は違う人だったけど、今も時間帯によってはそうなのかな?その後、公園で練習したりと行動パターンが変わって、この辺を通らなくなったせいで行かなくなってしまった。もう社長、おれのこと覚えてないだろうな。
日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Just wanna cut a rug 

20090811053001
「脳死して、臓器移植で心臓とか取り出される場合ってさ、当然麻酔かけないわけでしょ。でももし魂がまだ肉体から抜け出てなくて、魂で痛みを感じことができるとしたら…」

地獄の苦しみだろうね。昨日友人が話していたことに対してそう思った。脳死が本当の死なのか、こればっかりは体験しなきゃわからない。とりあえず、おれがそういう状況になったら脳死といえども全身麻酔してもらおう。


金:
上野でのジャム。体調悪くて行けず。ものすごい眠い。部屋帰ってすぐに寝てしまう。


土:
今週はバンドのリハ無し。午前はプリメで練習。昼食は近くの台湾料理。明治通りの松屋から奥に入ってすぐ、歯医者の隣の店。今週まで定食が600円。大久保でこの量でこの値段?お得です。味は普段食べたらしょっぱいんだろうけど、塩分不足のこの季節にはちょうど良い。この店気に入った。また来よう。

そのあと代々木公園で練習。原宿周辺はすごい人だかり。バングラデシュからきた留学生に声をかけられ、「ココニハ、ナゼヒトガコンナニイルンデスカ?」と聞かれる。何故だろうね?ゴスロリ観に?違うか。

公園のトイレに行ったら隣に上半身裸でスキンヘッドのガタイのいい漢(をとこ)が隣に立った。怖いから目を合わせないように下向いたまま、用を足しとそそくさとトイレから出た。で、振り返ったらちょうどトイレからそのお方が出てきて、よく見たら…あっれえ!なべさん!ジャンべの練習してるんだって。なべさん、迫力ありすぎです。

公園ではスニーカーで練習。雰囲気的にまだシューズはいて音鳴らすのは無理な気がします。公園の管理体制が今のままならずっとこの状態だろうね。桟橋の中央にある大きな木の下で、カラスがでかい芋虫を攻撃していた。何度も突っついていて、最後に咥えたので食べるのかなと思ったらまた地面に落して突っついて。その繰り返し。芋虫は突っつかれるたびに体をくねらせる。遊んでいただけ?結局カラスはその芋虫咥えて、違う木に飛んで行った。動物は食うためでなくとも狩ることがある。こういう、人間がそこに意味を見いだせないような現象が本当の自然。

帰ってから楽器の練習。練習尽くしの土曜。


日:
この日、師匠からのメール。師匠、おめでとうございます!なにがめでたいかは後日。

朝プリメ。昼に帰ってきて10分くらい寝て、ちょっと新曲のベースフレーズ作って、そのあとヘンリーのクラス。ひっさびさ。みんな久しぶり。もうルーティン全く覚えてない。とりあえず12番やって、終わったらもう一回最初からやり直すつもり。このクラスは和気あいあいとしているのが好き。でも先生が違う人教えてる間は自主連状態なので、体力的に一番ヘビーなクラス。2時間動きっぱなし。帰りはへろへろ。

そのあと所用でまっすぐ横浜へ。眠い。電車は混んでいて座れない。立ちながらウトウト寝る。夜に地震ありましたね。古いビルの上の階にいたため、尋常じゃない揺れ。実際は震度3くらい?部屋が心配。またアロマリキッドが倒れてこぼれたら大変。帰り、横浜駅を出たのが23時ちかく。日曜の深夜なのに、品川駅は混雑していた。学生は夏休み、社会人は盆休みだからね。部屋に帰ってみると、ほとんどモノが無事。化粧水が床に落ちてただけ。

この日の夜はペンサのジャムでした。でもまたまた行けず。みなさん浴衣着て踊りました?タイミング合わないなあ。来月はどうなる?

とまあ、久々たっぷざんまいの週末。来週末もこんな感じになるかな。でもストイックではなく、適度に楽しんでます。
日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コットンフラワーと共に 

おれがエクソシストとともにもっとも怖いと思う映画の一つ、キューブリック監督の「シャイニング」。すべてが終わってほっとするエンディングで流れる曲が今日ラジオで紹介されていた。レイ・ノーブル楽団のMidnight with the stars and youという曲らしい。知らなかった。急いでメモしたよ。古き良きジャズの香りの曲です。でもこの映画の中だと感じ方が全く違って怖く感じます。ちなみにシャイニングは原作に忠実なTV版も観たけど(監督不明)、こっちも好きです。TV版のラストはちょっと涙ものですね。DVDでてるよ。でもジャックニコルソンが出てるキューブブリック版のほうが思い入れは強いかな。


水:不夜城

深夜プリメで練習したあと、いつも通り区役所通りを通って帰宅。キャバやクラブの密集地。ちょうど客の帰る時間帯らしく、客と見送りのドレスアップしたお姉さま達がたくさんいました。一件新しい店がオープンしたらしく、とくにその店の前はご祝儀の花などで彩られています。短期決戦で経営してるせいや(この街の特徴)、客が入らないためなどで、新しい店が出てはすぐ消え、また新しい店が出ては消え。そうして変化していきます。おれもお金持ちになったらそういう店に行くようになるのでしょうか。でも貧乏なのでいつもカフェで一杯の珈琲。ここでの珈琲と軽い世間話がいつもの夜。


木:May The Cotton Flower Be With You

朝、室内用アロマリキッドを床にこぼしてしまい、拭き取っていたら手にコットンフラワーの匂いが染みついてしまった。簡単に洗ったくらいでは匂いはとれない。時間がなかったので、まあいいやと思い家を出る。今日はコットンフラワーと共に過ごそう。

夜、まだどこからともなく匂いが漂ってくる。さすが室内用。体につけるオードトワレと違い強い。強すぎます、あなた。そして夜、コットン臭とともにひでぼーレッスンへ。

インプロは最近足より体の見せ方が気になります。やっぱきちんとダンス習わないとだめだな。なので新たにダンスを習おうと考えている最近。また金がかかる。今日は帰りは駒沢の駅までみんなでタクシー。おかげで1時前には新宿につきました。こんどからこれでいこう。
日記  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top

新橋ライブ終了 

masako1024.jpg

唐突だけどこの前のタマンゴ来日の際、ジャズ喫茶マサコでみんなで撮った写真。みんな仲良しさんです。タマンゴがさっき送ってきました。ありがとう。「ミュージシャンは神を召喚する。でもダンサーはその神になるんだ」「まず自分がこの世に存在するという事実を認識するんだ。それがスタートライン。そしてすべてが自由であることを認識する。サルトルの言うように自分の意思で選択しなさい。それを誰も邪魔することはできない」「たしかにスウィングは心地よいリズムだが、シンコペーションされたリズムはもっとエモーショナルで人の心を掴むんだ」「どこにいても常に練習すること。歩きながら。ベッドの上で寝ながらでも。それを見て笑う人がいても続けるんだ」。これらのことば胸に刻み練習します。さて本題。


木:
インプロクラスは人が少なく、そのため一人ひとり長めに踊る。ひでぼーさんとのOne on one入れると一人7分くらいかな?やってました。先週同様スタジオ出たのが0時くらいで、いつものメンバーで帰りは深夜バスで渋谷まで。


金:
夜ベースメントで練習(TAP)した後、新宿でふじーさんたちとサムライで軽く飲み。今週末はバリに伝わる伝統音楽劇、ケチャが西新宿で行われている。できれば観に行きたいなあ。


土:
花園

朝プリメで練習(TAP)した後、明日のライブがあるから夜まで練習(B)していて、そのあと近所の花園神社で盆踊り観に行く。ここは生演奏、歌があるんだよね。津軽三味線の迫力あるサウンド、素晴らしかった。来ている人たちはいつも通り超個性的な人々。さすが新宿。そのあとサニー師匠のライブ(TAP)を観におびくぼ荻窪へ。小さなバーに板持ちこんでのライブ。相変わらず流石です、師匠。スリラーは弾けてましたね。

帰りは反対側の電車に間違えて乗ってしまう。そのせいで、家着いたのが1時前。ケチャは今年は無理だね。来年は行こう。


日:
朝プリメでちょっとだけ練習(TAP)。そして上野のスタジオへ(B)。2時間リハしたあと夕方からライブバー新橋ZZで本番。タイバンは昭和歌謡コンビ、チャーリー坂本とセニョール中野。異種格闘技ですね。チャーリーさんたち、素晴らしかったです。アコースティックギターに合わせた昭和の雰囲気満載ムード歌謡。そしてトーク。これぞプロです。ギターうますぎです。ファンになりました。さにー師匠、これは絶対観るべきですよ!おれが保証します。今度ライブ絶対行きます。

で、うちらは1時間弱の枠の中、全9曲を結構リラックスしてやってました。ライブハウスよりこういう方がおれは好きだなあ。ライブバーでの演奏なので、PA通さずアンプの音直音。モニターないので、立ち位置によっては自分の音が全く聞こえなくなる。だからといって、アンプの前でおとなしく弾いてちゃいかんのですよ。日本男児としては。ミストーン覚悟で前線で出るべきです。玉砕覚悟、万歳。ダンス同様、本番は技術じゃなく雰囲気出せるかどうかがすべてだと思うのです。それは体全体から出るオーラがあるかどうかですね。でもそれも大事な技術。さて雰囲気は出せたでしょうか?

夜は別件で長電話。で、そのあとクレイジーキャッツを聴く。植木等先生、あなたはやっぱり偉大です。青島先生の歌詞も完璧です。完全にクレイジーキャッツモードになってました。

日記  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top