FC2ブログ
09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

omiOmi

  // 

パントマイムやってます。備忘録の他活動内容も載せてます。

おやまゆうえんゾンビパフォーマンス 

31日土曜

おやまゆうえんハーヴェストウォークで、去年に続きゾンビパフォーマンスの仕事をしてきました。

今回は兵士の格好をベースにしたゾンビ。1年ぶりのおやまゆうえんは、なんだか懐かしい感じです。11時から19時までの長丁場でしたが、やりきりました。前回よりクオリティーは上がったと思います。

宇都宮線で小山から新宿までやく90分。小旅行でした。



スポンサーサイト



日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

幻の蝶  

25日日曜31日のゾンビパフォーマンスに向けての道具を買いに行く。大久保で1500円で靴を購入して、切り裂いて、汚れ塗装する。なかなか良い感じかも。
夕方、清水きよし先生のパントマイム公演「幻の蝶」を観に行く。何度見ても良いし、観るたびに発見がある。また観に行きます。大好きなヒマワリをアンコールでやってくれて嬉しかったです。あんな風にパントマイムできたら良いな。着実に努力するのみですね。続けるのが大事。

その後、レンタカーで1時間ばかり車の運転。いつも土曜の夜だけど、日曜夜も良いもんだ。

a・la・ALA・Live 

24日土曜日朝にいつものようにマイムレッスン受けた後、Kadoyaくんのマイムソロ公演を観に行く。一時間半の舞台、堪能しました。どの作品も上手くまとまっていて楽しかったです。今12月の本番に向けて作品つくっているのですが、参考になりました。
その後アラアラのライブへ。マイム、ダンス、一人芝居といろいろなパフォーマンスが楽しめます。藍木さんが参加している「人形の家」の人形振りは素晴らしかったです。観るのは二回目ですが、相変わらずマイム、舞踏とジャンルの違う三人の人形振りはそれぞれ個性があって面白かったです。他の出演者も楽しかったです。


観劇三昧の土曜日。

身体感性を育てるWS 

Jidaiさんの「身体感性を育てる」WSを受けてきました。

いくら頭でイメージしても身体がそれに呼応しなきゃ表現にならない。そもそも頭でのイメージも本当にできているのか?例えば無理やり「ここは海だ」と思い込もうとしても嘘が出る。想像力は根性ではどうにもならないのです。頭と身体がリンクして、身体全体で自然に想像できればそれは嘘の無い、言い換えれば無理の無い感覚になる。そうなれば演技する必要は無い。嘘の無い虚構‥‥って変な表現かな?

WSでは幾つかのものを得てきました。やはり呼吸が関わってますね。そして頭と身体が呼応しあって、想像力は膨らんでいく。作品作りのヒントも同時に得た気がしました。昨日のセロカワユカリさんの音語りWSと今回のWSを連続で受けたのはラッキーでした。これからちょっと頭を整理してみます。
日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

セロカワゆカリ「 休符の王様は虹の橋を渡る 」 

3日、土曜日。

午前のレッスンを終えた後、下北沢のHalf moon hallで石野由香里さんがメンバーのプロジェクト、セロカワゆカリさんの「 休符の王様は虹の橋を渡る 」を観てきました。セロカワユカリは今回で二回目。前回同様に一つ一つの台詞が音に同化していて、これはやはり音楽と一緒に創り上げていったからなんだろうなと感じました。ユーモラスで絵本のような世界。本当に素敵でした。

セロカワゆカリ←セロカワゆカリさんのサイト

音楽から作品を作る際、演奏を聴いて、そのイメージから作るということになるんでしょうが、そこから一つの作品をまとめ上げるのが一番大変だと思うわけです。特に今回のようにミュージシャンとの共同作業の場合、演奏も脚本の影響を受けて変わっていくわけですから、各自の主旨を貫くというより、柔軟性が要求されるわけですね。各自が時には持っているアイディアを捨てなければなら無い時がある。その作業のためには、信頼関係がとても大事なんでしょうね。そして、たからこそ予定外の面白いものが産まれる。そのプロセスも観たい気もしますね。

で、そのプロセスを実感できる終了後に行われた音語りワークショップ、とてもおもし面白かったです。普段台詞の無いパントマイムをやっているから、台詞を読むのは初挑戦。刺激的でした。台詞とは縁が無かったですからね。

その後、下北沢の古着屋を回る。31日の土曜日、去年同様おやまゆうえんでゾンビパフォーマンスやるので、その衣装を探していたのです。スティックアウトで700円でいい感じのシャツを買ってきました。

帰ったのが21時頃。結構ハードな1日でした。