FC2ブログ
05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

omiOmi

  // 

パントマイムやってます。備忘録の他活動内容も載せてます。

土曜日曜 

土曜日、前回の記事の通り、シアターマイムフェスのFプロを観る。その後、友人宅に遊びに行き、手料理をご馳走になる。帰りは終電逃したので、中野から1時間半かけて歩いて帰る。深夜の西新宿が神秘的でした。歩くのは良いね。いろんな発見がある。

日曜、公園で軽く練習。でも基本的にだらだら寝ていた1日です。疲れが出ているのかな。

スポンサーサイト



日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

シアターマイムフェスFプロ 

土曜日にマイムフェス最後のFプロを観てきました。一糸堂さんはウルトラセブンの7と憲法9条の9を引っ掛けた平和への願いを込めた作品と、ユーカラ(アイヌの口承叙事詩)の二本立て。ユーカラのほうは語りに合わせてマイムで表現。とても、怖いお話です。参考までに、ユーカラは通常一人称形式で語られ、最初は「私は○○です」、そして「・・と○○は言いました」で物語は終わります。まさかマイムの舞台で観られるとは思ってなかったんで、感激。奥田さんは久々観ましたが、やっぱ動きがきれい。ナメクジの作品は好み。

そして大御所ヨネヤマママコさんは、禅の十牛の教えを元にした作品。凄すぎます。ママコさんの目力は本当にすごい。そして明神さんの動きにも目を奪われました。

これで、全プログラム観たことになります。みなさん、お疲れ様でした。

シアターマイムフェスD、Eプロ 

金曜日はシアターマイムフェスのDプロ。イガラシさんもニョコさんも凄いですね。イガラシさんは大道芸人のお話で、壁、ロープなどの基本テクニックをうまく話に組み込んでいました。ニョコさんの絵本のようなメルヘンチックな作品群、好きです。曲に統一性があって、小作品が流れるように演じられていきました。

そして今日はEプロ。オンリーワン揃い。国井ちゃんならではのかわいらしくコミカルな作品。土偶マイムを貫く白鳥兄弟。しいなまんさんは意外にもコミカルな作品。そして、ラストのあがりえ師匠はもう凄いの一言。感動しました。

いよいよ来週でフェスは最後。最後はヨネヤマママコさんの登場。我が師細川紘未も出ます。

作品を作ること 

パントマイムの作品はどうあるべきか?今まで色々考えてきました。演劇的な作品をそのままやるなら、マイムをやるより台詞入れた方が分かりやすいじゃん、マイムならでは作り方があるはず。って考え方があると思います。その辺りを最近まで禅問答してました。マイムは一見なんでも表現できるようで、実はとても制約がありますから。

でも、例えばベースギターでギターのように弾く人に対して、ギターでやれば良いじゃんって言うようなものだと気付きました。omiはベースやってますが、6弦ベースでギターのように弾くときがあります。ならギターを弾けいいかもしれないけど、ベーシストなんだから慣れてるベースでやってなんでいけないの?って思うのです。マイムもそれと同じで、マイミストなんだからマイムで演劇的なことしたっていいだろうって思うようになってきました。要は慣れている手段でやるのが一番いい気がするのです。マイム固有の制限すら魅力にしちゃえばよいのです。

作品論を考えず、得てきたものを自然に出せばそれで良いのかもしれないなっていうのが今の思いです。だから、練習を毎日やっているのです。マイム表現が呼吸をするように身体の一部となるために。そして、基本テクニックをいかに表現に活かすかを考えてます。テクニック至上主義じゃないけど、どちらかというとテクニック重視派なのかな?まあそれも考えないようにしよう。

ということで、今回の作品はマイム作品であることをあまり考えないで作ろうとしましたが、結局色々意識したような気が・・果たしていかに?それはみなさんが劇場で確かめてみてください。

三回目の作品見せを終え、完成形まであと一歩。もう一踏ん張りです。

ライパVol26:
https://www.facebook.com/events/1035271343177504/


日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

シアターマイムフェスCプロ 

日曜午前中、公園で練習してたらお腹の調子が悪くなってきたので、早めに切り上げ一旦帰る。水分を多めに取り、少し横になって休息。

そして、シアターマイムフェスCプロをみにいってきました。Cプロは若手が出演のプログラム。TMCのメンバーも出演し、みんな持ち味を出していました。マサもしまちゃんも、あゆみん、たっちくんもよく知っているし、上演作品も知っている。でもみんなパワーアップしてますね。時間が短かく感じられました。つまり集中して観られたということですね。そして金子さんの作品、すごく良いですね。平和への思い、しかと感じました。そして中山さんのタチは見事。一寸法師をああいう風に表現したのは意外で新鮮でした。ゲストは、あらい汎さん。やはりオーラがあります。勉強になります。諸事情で窓を開けての上演でしたが、窓から聞こえてくる電車の音が逆に心地よかったのです。いつもそうしても良いくらい。完全な無音はどちらかというと苦手なのです。

シアターマイムフェスBプロ 

ALOKの公演を見た後(前回の記事参照)、大久保の公園で軽く練習。そして今度はわが妻かけ くみこがグランバルーンで出演するシアターマイムフェスBプロを観てきました。Bプロは三者三様のスタイルでした。エディさんはコメディタッチながらほのぼのした部分もあり、琴線に触れました。久々みたけど、やっぱエディさん面白いですね。喋りよりマイムがメインで新鮮でした。

ソらと晴れ女さんは初めて観ました。坂口安吾の「桜の森の満開の下」をマイムで表現。舞踏っぽくもあり、物語の雰囲気すごく出てました。情景描写に重きを置いていた感じですね。omiがやりたい世界です。具体的なオチを知りたい人は本を読んでみてね。

グランバルーンは人形を使ったハートウォーミングな作品。前にも観ましたが何回でも観たいですね。かけくみこ頑張っていました。やはり身内だから、一番良いと思いました。。そんなもんでしょ。家族って。

http://pantomimeweek.blog44.fc2.com/blog-entry-422.html

ALOKスタジオ公演「点滅 second」 

藍木さんの出演するALOKスタジオのダンス公演観てきました。藍木さん、出るたびに主役度が増してますが、今回は完全に主役。

ALOKの公演はいつも幻想的でとても素敵です。今回もダンスだけでなく、一人一人の表現が素晴らしく、最後はとても切ない舞台でした。藍木さんのソロのシーンは、コーポリアルマイムの作品はこう作るんだと言っているようで、omiにはとても勉強になりました。

公演は明日の14時30分の回で最後。是非足を運んでみてください。

写真は藍木さん、紙田さんと。

二回目の作品見せ 

小学校の時の担任の先生は音楽で有名な先生だったらしく、授業でも音楽教育に非常に力を入れてました。omiがフルートをやりたいと言った時に家庭訪問時に音楽に興味の無い両親を説得してくれ、レッスンも紹介してくれました。先生が指導している、学校の合奏団にも入りました。シンコペーションのリズムを「自動車、自動車」の「どう」の部分だという説明や、「線のある部分がミソシレファ」という楽譜の見方は今でも頭に残っています。音楽のイロハを教えてくれたこの先生と出会わなければ、今の自分は無かったです。


先生の音楽の授業ではバッハを始め、名曲を沢山聴かせてくれ、曲を聴いて浮かんだ情景をみんなで発言し合うということをやっていました。曲を聴いて情景を浮かべる。これが体に染み付いて、今でも音楽を聴くと頭の中に風景が浮かびます。曲によってはその中で物語が展開されていく時もあります。マイムの作品作りで、曲を聴いて発想を得ることが多いですが、それはその先生の教えの賜物なのかもしれません。

今回作っているのは、ある曲を聴いて思いついたものです。実はその曲から発想を得た作品を以前にもいくつか作ったのですが、どれも最終的には違う曲を使っています。それは作りこんでいくうちに、曲の雰囲気とは違うものになったからです。あくまで、音楽は作品作りのきっかけ。でも今回はその曲を使うことになりそうです。まあ、まだどうなるか分かりませんが。

水曜日、二回目の作品見せ。シスターと話し合い、作品は8割ほど完成。でもまだ肝心な核の部分で悩んでいるところです。只今ブレインストーミング中。
ライパ Vol.26:
http://tmc-liveparty.hatenablog.com/entry/2016/06/05/112411
日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

シアターマイムフェスAプロ 

日曜は公園で練習したあと、シアターマイムフェスを観に行きました。ポーランドから来たJoeは自分の好きなスタイルでした。コーポリアルマイムやってたのかな?あの足の使い方と重心移動。

腰の調子が悪く、座っていたせいか観劇後辛くなって、打ち上げ出ずに直ぐに帰りました。そして帰って直ぐに寝ましたね。疲れもあるのかな。

作品見せ 

土曜日は7月10日のライパに向けての作品見せ。最初の作成見せです。他の人よりかなり遅いスタートなので、急いで作り込まなければなりません。でもなんとか作品の骨組みは出来ました。

いつも作品は動きながら考えます。頭でのイメージを作品として具現化するというのは大変な作業です。イメージは嘘をつくと思っているからです。ストーリーが具体的に出来ている気にさせる。でも、夢と同じようにイメージというのは曖昧で、肝心な部分が抜けていたりする。都合のいい部分だけしか見えない。抜けている部分を作り一本の話にしようとすると矛盾だらけで破綻していたり、ストーリーとして成り立たない、つまり実現不可能だったりする。だから、イメージをただのきっかけにして、一から作り込む感じにしています。具体的に出来て初めてスタートラインに立った状態になるのです。

さて、なんとかスタートラインに立てそうです。これから、完成させていきます。omiの作品、お楽しみに。

ライパは7月10日の日曜日、17時30分から。詳細はこちら
https://www.facebook.com/events/1035271343177504/

日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top