FC2ブログ
01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

omiOmi

  // 

パントマイムやってます。備忘録の他活動内容も載せてます。

雛山祭り 

綾では雛山祭りが行われていて、町内の色んなところでひな壇が飾らせています。



スポンサーサイト



日記  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

温泉とカフェ 

18日 日曜
宮崎自然休養村センターで温泉。420円と安い。


その後、カフェに行こうとしたが、新規開拓として行こうとした店はすでに無かったり閉店していたりで、結局行ったのは以前行ったことのある、こもれび茶房ゆい。ここは落ち着きます。サンカフェ同様行きつけになりそう。

19日
産婦人科へ。詳しいことは後日。
日記  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

免許更新 

免許更新に行って来ました。宮崎での初の更新。受付時間を調べずに行ったので、2時間近く待つことに。午後の受付は13時からだった。ゴールド免許なので、30分の教習で済んだけど、教習ビデオがなかったのはちょっと残念。新しい免許証は宮崎の住所。正式に県民になった気がします。
日記  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

読書と海 

今日は近所の図書館が閉館しているので、昼に隣町の図書館に行く。いつものように「池袋ウエストゲートパーク」を読む。一話が60ページくらいの短編なので、読み切るのに時間がかからないのと、池袋のような繁華街のファンタジーを感じさせるのが好きで、図書館行くといつも読んでいる。長編だと一回で読みきれないから、図書館出るとき続きが気になる。この図書館は初めて利用するけど、窓際にテーブルがあって、景色が良い。一階にあるのだけど、高台にあるので窓からの景色見下ろす感じになる。この景色が気に入ったので、また利用しようと思う。家から10分ちょいだし。


そして夕方。海を見に青島へ。癒されますね。夕日が綺麗。

日記  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

小林市手軽旅 

昼に小林市の美人の湯で体を温める。雪が舞った中の露天風呂は最高です。ぬるめの湯なので、景色を堪能しながら長湯。

その後、休憩室で仮眠した後に小林のパワースポットの陰陽石に行ってくる。寒いからだれも人が居ません。子宝のパワースポットだとか。



帰りに寄ったのは東麓石窟仏。

小さな祠に掘られた石仏で鎌倉時代に彫られたものらしい。現在小林市の国道268号の橋脚に、埋もれるような形になってしまった。仏像の前に立つと敬虔な気持ちにならなければいけないというプレッシャーがあるんだけど、気にすることじゃないって最近思う。無理に気持ちを装っても神さまはお見通しだしね。普段通りの気持ちで見れば良いと思う。

日記  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

「スリー・ビルボード」 

増悪と寛容が主軸にあり、アメリカの現状も所々で示唆されていて、とても時代性のある映画。とは言っても決して一言では括れない作品。ダークな笑いの要素も入っていて、確かに北野作品に似ているかも。とにかくいろんな部分で二転三転して、観ているこっちも感情移入の相手をなんども変えてしまう。そしてすでに前半から予想外の展開。それがどんどん続く。そしてなんと・・

残念ながら言えるのはこれだけで、話に関わることを少しでも言ってしまうとネタバレになってしまう。前半の20分のことすら言えません。脚本が物凄く緻密で良くできていて、アカデミー賞候補なのも納得。そして「デトロイト」とは違った視点でのアメリカの問題も見えてきますね。

観る前でも後でもいいから、アメリカ兵がイラク戦争時にイラク人に犯した、ある事件について調べてみると一層深みを覚えるはず。なんの事件かについてはここでは言わないでおきましよう。映画を見ればわかると思う。
映画  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

「デトロイト」 

アメリカでは人種によるヒエラルキーが確実にある。白人→黒人→アジア、スパニッシュって感じで。以前、NYにいた時に図書館で読んだ本で、アジア人は差別されてもなにも文句を言わない。戦わないから地位は低いんだと書いてあった。確かに一理あるかもとその時思った。

人種差別はいつの時代でもどこでもあるし、それは無くならないと思う。たぶん動物的な本能なのかなとも思う。だから大事なのは差別意識が出た時に自分の中でどう対処するかということ。最悪なのはそれが増悪に変わっていくこと。

この映画、衝撃の40分のシーンとか宣伝されているけど、予想していたせいかその拷問シーンはそこまで衝撃では無かった。それよりも後半でのある人物に起こった出来事に、ものすごい無力感と絶望感を感じた。どうにもならない人種の問題。こっちの方がショック。でもこれ、アメリカだけの話じゃないんだよね。日本だってあるじゃない?無関係の映画じゃない。差別は自分の国でもあるっていう認識から始めないといけないとしたら、アメリカより厄介だね。

映画  /  tb: --  /  cm: --  /  △top