FC2ブログ
04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

omiOmi

  // 

パントマイムやってます。備忘録の他活動内容も載せてます。

梅雨入り 

宮崎は26日から梅雨入り。ジメジメしてますが、綾は山岳地帯なので、夜は涼しいです。それでも夜、河原でタップを踏むと汗が吹き出て来ます。
スポンサーサイト



日記  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

日曜日 

生協のイベント、「おいしいたべもの・やさしいくらしマルシェ」に行って来ました。久々の市内。そして天気の良い中の野外の会場は、気分を爽やかにしてくれます。会場では生産者のブースが色々あって試食三昧。そしてステージではフラ、フラメンコ、バリ舞踊のパフォーマンスが行われていまして。宮崎でこういうパフォーマンス見るのは初めて。生の舞台を観るのは必要ですね。
日記  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

川辺でタップ 

ずっとタップの練習場所を探していたのですが、ちょうどいい具合の川辺を見つけてから、ここでよく練習してます。ただ、車を停めるちょうど良い場所がないのと、草が多く茂っていて、板を敷く場所が狭いのが難点。あと夜は真っ暗でなにも見えません。昼にやれば良いのだろうけど、昼は車を停める場所がなさそう。一番の心配事は夏になると蚊がすごいんじゃないかということ。なので、未だ良いところを探しています。

日記  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

「続・深夜食堂」 

やっとDVDで観ることができた。やっぱり暖かく、心に染み入りますね。大好きです。

舞台となる店は新宿の花園神社界隈。ロケ地はゴールデン街ですね。実際新宿には深夜営業している食堂がいくつかあります。歌舞伎町と新宿2丁目の店にある二軒の店によく行ってました。繁華街の喧騒の中での小さな食堂は、客の殆どが繁華街の住人で、華やかさの裏にある人間臭さが店にとけこみ、親しみやすく大好きでした。でも二軒とも数年前から23時頃閉まるようになってちょっと寂しくあります。今はあの辺りの知ってる店で深夜営業してるのは、2丁目のクインくらいかな?
映画  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

「駆けてきた少女」 

映画「探偵はbar にいる」シリーズでお馴染みの札幌出身の東直己の作品。作品の舞台のほとんどが札幌で、どの話もススキノの雰囲気にぴったりで、最近のお気に入り作家です。「駆けてきた少女」は「探偵はBARにいる」と同じススキノ探偵シリーズ(映画とは主人公のキャラが全く違う)で、程よい軽さのハードボイルド。他のシリーズの登場人物も出てきます。若干のんびりしたスピード感が、ススキノののんびした雰囲気にぴったりで、これが歌舞伎町だったら、ノアールの雰囲気が強すぎて物語に合わなかったと思う。ただ、他のシリーズの作品と繋がっているので、「ススキノハーフボイルド」「駆けてきた少女」「熾火」の順番で読まないと、混乱するかも。この作品だけだと、謎が残り、三作読んで、事件の全貌がわかる作り。

ちなみにこのシリーズ、映画とは全く違い、ちょっと生々しさも作品によってはあります。
舞台、パフォーマンス  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top